ボニックの音波機能は脂肪を温める機能

ボニックBYS28/ボニックジェルで美bodyに!?

MENU

ボニックの音波機能は脂肪を温める機能

ボニックの音波機能は脂肪を温める機能

 

現在ボニックと呼ばれる機械によるボディメイクが流行しています。

 

ボニックとはEMSと超音波のダブルパワーにより、ストレスを感じることなく簡単にボディメイクを行うことができる製品のことです。

 

EMSとは「Electrical Muscle Stimulation」の略で、電気信号を直接筋肉に当てることにより、筋肉を動かしトレーニングを行うことをいいます。

 

ボニックにはこの機能に加え超音波の振動も与えることが出来るので、短い時間で効率よく筋トレと脂肪の燃焼ができます。

 

正確にはEMSを一分間に1800回、超音波振動を一秒間に100万回の数を筋肉と脂肪に与えることができるので、気になる部分のボディケアが5分で済みます。

 

ボディケアだけでなく本格的なダイエットにも有効です。

 

ダイエットと聞くとしんどそうなイメージがありますが、ボニックならテレビを見ながら、電話をしながら、など何か別のことをしながらでも簡単にダイエットが行えます。

 

EMSと超音波を痛いと感じる人も中にはいます。

 

普段使わない筋肉に急激な負荷がかかると自然と筋肉に痛みを感じてしまいます。

 

しかしボニックの音波機能は出力を調整できるので、痛く感じることはありません。

 

また使用している内に暖かくも感じるのでリラックスをしながら行えます。

 

専用のジェルも付属しているので、もし痛みを感じる方がいれば、これを使用することにより痛みを大幅に軽減できます。

 

簡単にボディメイク、ダイエットがしたいと考える方はボニックを使用してみましょう。